スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数

日本人は算数が得意とよく言われる。

それとも日本人が勝手にそう思ってるだけ?



こちらの学校の算数の先生ですら日本人はどんな問題も解ける

と思っているふしがあるような・・・。




でも、日本人が算数得意なのではなく、こちらの人が計算苦手

なんだと思う。いや、思っていた。





510円の物を買うときに、小銭が増えるのを避けようと

1010円出すのは日本人なら普通のこと。



でも、こちらのお店で同じことをすると、

な顔をされ、


「お金多いわよ。」

とご丁寧に端数分返してくれる。

で、そのあとおつりをジャラジャラくれる。





あるいは、

「なんでこんな払い方するの?

       あなたは私を混乱させたわ

とか言われたりする。


だって小銭たまるやんかー






算数の授業のとき普通に計算機なんか使うから

こんな計算もできない大人になるのよーと思っていたけど、

どうやら計算の仕方が違うらしいということに気づいた

算数は万国共通だという考えが間違いらしい・・・






どう違うかと言うと、


例えばバスに乗るときに

バス代250円を払おうと1000円札を出したとする。

私は1000-250=750で750円のおつりが返ってくると

瞬時に計算するが、



こっちのバスのおっちゃんは

「おつりねー」

と言いながら50円玉をよこして

「300」と言い、

100円玉を1つ、2つとよこしながら

「400、500」と言い、

最後に500円玉をよこして

「はい1000ね」と言う。




おっちゃんはそのやり方に慣れているので

ちゃちゃちゃっと早業で次々おつりを手渡すが、

不慣れな私は、え?なに?なに?いくら?

ってな感じで事態がのみこめず、

最後に手にある合計金額を見て750円あるか確かめなくてはならない。

おつりごまかそうとしてるのかと思ったよー






するとおっちゃんは、笑みを浮かべ

まるで私が計算ができないアホたれ

であるかのような顔をする

仕方ない、アホたれのふりしたるよ。。。




そんなやり方なので250円支払うのに1050円なんか

差し出したもんなら宇宙人を見たかのような

顔をされるのだ未知との遭遇~




昔の物々交換の頃の1000円の物を受け取ったら

1000円相当の物を返すというなごりでこんな計算の仕方をする

とか聞いたことがあるけど、


さすが古い物が好きな国民。


いまだに計算方法まで旧式とは・・・。

スポンサーサイト
プロフィール

っちいの

Author:っちいの
☆おっとと
☆っちいの
☆くまごろう(12)
☆さるきち(10)
☆にゃんころ(7)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
いらっしゃいませ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ banner fc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。