スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンザー城

渡英4年目にして初めてウィンザー城に行ってきました。

家から1時間もかからないし近くのレゴランドには行ったことがあるんだけど、

いつでも行けると思うとなかなか・・・ってなわけでこんな寒い季節に。。。


よりによってこの日は寒くて1日中氷点下でー5℃とかでした

windsor

白っぽく見えるのは写真が悪いわけではなく、木々に霜がついて1日中溶けないんです。

こんな天気が1,2週間続きました。すごく寒くても雪は降らずに霜です。




windsor

ウィンザー城はというと、

行列ができたりする時もあるみたいですが、

と~っても寒い日に訪れる私たちみたいな物好きは少ないらしく、

すいててよかったです。


windsor

思ったより大きい城内を日本語のオーディオ説明を聞きながら回ります。

生意気にも

「英語のほうが分かりやすいよ、日本語何言ってるか分かんねーし。」

とか言って英語で説明を聞いているのが若干2名いましたが。。。



windsor

衛兵たちがジャッジャッとやってきて




windsor

地味~な衛兵交代。寒いのに御苦労様です。




windsor

ほんとに前しか見てないんですよ。

横から不審者がやってきたらどうするんでしょうか?見えるのかな?

ついついいたずらしたくなってしまうけど、撃たれたら嫌なのでやめときました。
スポンサーサイト

フィレンツェ旅行最終日(フィレンツェ)

いよいよイギリスに帰る日、早めにアパルトメントをチェックアウトし、

florence



駅へ向かいます

florence



空港に向かうにはまだ早いので、駅で荷物を預けてから最後の観光へ。



florence



とても寒いのにたくさんのジェラート屋さんが営業中です。 もちろん食べましたよ





そして、帰る前に絶対に行っておきたかったミケランジェロ広場へ。


florence

フィレンツェの街並みが一望できます



florence


見えるかどうか分かりませんが、写真右側の人だかりは

どうやら中国人の方々らしく、合同結婚式をしているようでした。


たくさんの花嫁花婿とたくさんのリムジン、そしてたくさんの親戚のような方々・・・。

とても賑やかで、異様な一角でした。。。

お金持ちの人たちがツアーとかで来るのかしら? フィレンツェで結婚式を!みたいな。。。


その一角以外の広場でも記念撮影したりいちゃついてる新郎新婦が・・・


観光客の人々も遠巻きに不思議そうにみていて

結婚式の微笑ましい雰囲気はあまりなかったかなぁ。


florence


今回も歩きまわっては足の裏にマメが、

はズボンで擦れて股ずれができるほどでしたが、2年前のローマの時はでした。

フィレンツェはこぢんまりしてとてもいい街だったし、

人々は日本語が上手だったり、商売っ気ありありだったり、

でも、お店の店員さんたちも楽しんで仕事しているようで、笑顔で、気さくで、

どこへ行ってもはいろんな人に「かわいいね~」と声をかけられ。

あ~、よかったな~、フィレンツェ。

そんなこんなで楽しかった旅行も終わり、

無事、さらに極寒のイギリスへ帰ってまいりました。



仏頂面で、やる気がなさそうな店員ばかりのイギリスに帰ってきてしばらくは

お買い物するたびにいらいらして・・・。渡英したばかりのころを思い出します。。。

ま、すぐ慣れるんですけどね。


今回は、いや、今回も短く簡単にまとめられなかった旅行記ですが、

これにて終了です。






フィレンツェ旅行4日目(ピサ)

ヴェネツィアに引き続き、日帰りでピサまで足を伸ばしました。

昨日の教訓を生かしてわざわざ長蛇の列に並び窓口で切符を買ったのに、


全席自由の普通列車でした


券売機で買えば1本早いのに乗れたのに。。。


何はともあれ普通列車でちんたらちんたら1時間半ぐらいでピサに到着

pisa

こちらが、世界の3大ガッカリの一つ ピサの斜塔 にございます。


一応お約束通り

「登る?」

と提案してみましたが、

もう高いところは飽きたのと足がパンパンなのとでやめときました。

pisa

こんなお土産屋さんのTシャツのような写真を撮ろうと

至る所で同じような格好で記念撮影




pisa

こんな風に。




pisa

考えることは皆一緒ですな。。。




pisa

もちろん我が家だって。




ピサはちっちゃいちっちゃい街で、斜塔意外に見どころはなさそうでした。


どこかに行くと記念にガイドブックを買う我が家ですが、

ピサで買った怪しげなガイドブック

pisa

その名も 「ピーサ」。。。

フィレンツェ旅行3日目(ヴェネツィア)

日帰りでヴェネツィアまで行ってきました。ユーロスターで片道3時間です。

venice


無計画行き当たりばったり旅行なので当日の朝に

券売機でユーロスターの切符を購入しました

venice


ちゃ~んと座席指定をし、5人固まって座れるように切符を買った

はずだったのですが、

切符をを見ると5枚の切符に全く規則的な番号が見つけられず・・・

「指定じゃないのかな・・・?」

と判断し、我先にと5人分の席を勝手に確保し、座っていると・・・。

「ここ、私の席よ。切符見てよ。これ、車両番号で、これ座席番号だから。」


「え?まじで?ごめんね。

    でも、それってうちらばらばらの席ってこと?
  
    え?どうする?なんでばらばらなの?」

とパニックになって途方に暮れていると、


アメリカから来ていてうちらと同じようにフィレンツェからヴェネツィアに日帰りで行く

という日本人一家のとてもしっかりした(年は若干私より若そうな)奥様が


「どれどれ切符見せてください。

え~と、3人は10号車で1人は私たちと一緒の席、あと一人は9号車ですね。

お母さんが小さいお子さん2人と一緒に座って、お父さんが9号車、

そしてお兄ちゃんをここに座らせたら?私たち面倒見ますよ。

混んでるからばらばらの席になっちゃったのかもしれませんね~。」


とてきぱきと割り振りしてくださって。。。何て頼もしい。ありがたや~。



結局その一家と同席させていただいたが一番楽しい時間を過ごしたみたいな感じで。。。



も隣に座った見ず知らずの現地人ぽい若い男の人が

控えめながらとても気にかけてくれていた様子でした



もうヴェネツィアについたら真っ先に窓口に行きましたよ!

帰りの切符を買うために!!

無事に5人分まとめて帰りの座席を確保した後、ゆっくりとヴェネツィア観光開始。



venice


水の都というだけあって、タクシーも警察もボートで水路を移動します




venice



私たちはいつものようにすでに筋肉痛の足でてくてくと




venice

日曜日なので閉まっているお店も結構あって閑散とした街中。真冬だしね。

でも2,3週間前に大洪水になったのが嘘のよう。




venice

なぜかそこらじゅうに仮面屋さんがいっぱい。




venice





ヴェネツィアガラスで有名なだけあって、ガラス製品もいっぱい。

venice

私も買いましたよ




venice


お昼はもういつものようにパスタとかリゾットとかで。




venice

リアルト橋です。



venice

目指していたサン・マルコ広場へ到着。



venice

名所の一つのため息橋だか何だかは修復中で一部しか見れず。。。なんじゃこりゃ・・・。



venice

またぶらぶらとお店をのぞいたりしながら駅まで


帰りは5人固まってユーロスターに乗れました。

列に並ぶのを億劫がらずに切符は窓口で買うのが一番なのかしら、

と学習しました。

フィレンツェ旅行2日目(フィレンツェ)

本格的なフィレンツェ観光で一番先に行ったのが中央市場。我が家らしく。。。


florence

豪快なハム屋さん。




florence

お肉屋さん。




florence

果物屋さん。




florence

八百屋さん。




florence

チーズ屋さん。


なぜか店員さんが日本人ばかりのお店がありました。



たくさんのお店があって充実してたけど、ちなみに魚屋さんはありませんでした。

海がないフィレンツェの人々はあまりシーフードは食べないんだって。。。

確かに海はないけど・・・すぐそこなのに・・・そんなに遠くないのに・・・。



シーフード嫌いなイギリスのオックスフォードのカバードマーケットにだって

1件だけだけど魚屋さんあるのにぃ。 ちょっと残念。




マーケットの外にもたくさんのお店が

florence

バッグやジャケットなどの革製品が豊富でと~っても安い

バッグを2つも買ってもらいました。

売っている物もおしゃれ~でカラフルだし、

街ゆく人々もとってもおしゃれ~でスタイルがよくて

イギリスとは全然違うな~と実感。


よっぽど日本人観光客が多いのか、レストランやお店の人で

片言の日本語を話す人が結構いたのは驚きでした。






続いては、ドゥオーモの横の4百何十段だかの階段でジョットの鐘楼に登ります。


florence

途中で何度か鐘がゴーンゴーンと鳴って塔に響き渡るのが怖かったです。



florence

高所恐怖症のやちびっこたちはぴぃぴぃ言ってました。



florence

ドゥオーモが間近に見えます。



florence

「登っている人たちも見える~。次はあれに登ろー。」


「もうやだよー!!一人で登って!!」

「何言ってんの!せっかく来たんだから皆で登るよ。」


とは言ったものの、連続で登ったのはかなりきつかったです



florence

登る途中で見れるドゥオーモの天井絵です。


florence

今度はさっき登ったジョットの鐘楼が見えます。


景色は美しいけど、実際は落書きだらけでした。

日本のニュースで話題になっていた落書きは見なかったけど、

それ以外の日本人の落書きもとーっても多かったですなんだかな~。。。


florence


今回の旅行は、今までで一番下調べをしなかった行き当たりばったり旅行で、

この後行ったウフィッツィー美術館は寒空の中2時間近く並びました。

なんか、時間予約とかもできたみたいです。

わざわざ予約しなくても朝早く行けばそんなに並ばなくて済んだのかもだし。。。


florence



まぁ、とにかく美術館は素晴らしかったですが、

ヨーロッパの美術館というのは、どうしても宗教画が多く、今回もそんな感じで、

「う~っぷ、宗教画で胸いっぱい、お腹いっぱいです」

ってな感じでした。


が学校の宗教の授業やラテン語の授業、歴史の授業などで

キリスト教の話やギリシャ神話のような話を知っていて、

絵や像を見るたびに逸話なんかを話して説明してくれるので

ただなしぼ~っと見るよりは面白かったですけどね。




高いところばかり登って、

高所恐怖症でなくても足がガクガクプルプルになった一日でした。

フィレンツェ旅行1日目(フィレンツェ)

忘れないうちに旅行記を・・・。


26日、早朝真っ暗なうちに家を出て空港近くの駐車場に車を止めて空港へ。


出発が「15分の遅れ」とでていてボーディングまでだいぶ時間があったので

チェックインした後ゆっくり朝ごはんを食べて待っていたら、

さらに「15分の遅れ」と。。。ちゃんと飛ぶのかな~不安。。。



しかたないのでトイレに行ったりして時間をつぶしていたら、

気づくと、

なんと、


ゲートが「closed」に

いつの間に~


チェックインして荷物も預けたし置いていかれるわけないと思いつつも

ゲートまで走ると・・・・・・全然余裕でした。

な~んだ、誰もまだ乗ってないじゃん。。。びっくりしたな~もう


こうして無事、飛行機はなぜかたいして遅れずに出発



とても天気が良くて機内からアルプスが綺麗に見れました

florence



ロンドンからフィレンツェ空港まで約2時間。

フライト自体は短かったのですが、フィレンツェ空港付近が強風で

着陸までの5分か10分ぐらいの間、揺れる揺れる

ものすごく怖くて気持ち悪かったです


空港からバスで15分ぐらい行った市内は寒いものの風はなく、

気を取りなおして町を散策


florence

落書きでニュースになってたドゥオーモが見えます。

もう夕方だったので登るのはまた後日。

florence

目抜き通りはかなりの人混みです。いい季節だともっとすごいんだろうなぁ。


florence


ヴェッキオ橋です。 ピンボケなのが残念。。。


florence

橋の上は時計店や宝飾店でいっぱいです



florence

そしてヴェッキオ橋の夜景です





その後、夕食にイタリアらしくパスタやらピザを食べ、ワインを飲み

まだクリスマスの雰囲気が残る街中を焼きたてワッフルをかじりながらお宿へ。


florence

徒歩で周れるこぢんまりしたいい感じの街でした。



治安もそれほど悪くなさそうで、夜歩きも全然平気でした。 5人もいるからか?

翌日はもうちょっと詳しくフィレンツェ散策です。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。


年末年始は家でゆっくりしようということで、

30日の夜にフィレンツェから帰ってきました

いや、実は2年前のローマの年越しがとてもよかったんだけど、
年越すと飛行機代がぐ~んと跳ね上がるので今回は断念したのが正直なところ。。。





大晦日はかる~く掃除をして、大量の洗濯をして、

ロンドンの日本食屋さんまで買い出しに

ものすご~く混んでてごった返してましたよ。

お正月はみんな日本食食べたいものね


手巻き用のお刺身やら何やらと、注文してあったおせちを買いました。


年越しは手巻きずしを食べながら歌番組を見て、

ロンドンのカウントダウン花火をテレビで見て、そば食べて・・・。



元旦はお餅を食べて、おせちを食べて・・・。


new year

4人前ということで結構な量だったけど、あっという間に食べちゃいました。

2日からは通常モードのイギリスですが、

我が家は日本風にもうちょっとお正月モードの予定です。

プロフィール

っちいの

Author:っちいの
☆おっとと
☆っちいの
☆くまごろう(12)
☆さるきち(10)
☆にゃんころ(7)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
いらっしゃいませ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ banner fc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。