スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットランド&湖水地方(3日目)

あいにくのお天気の3日目

まぁ、これだけ雨の多いイギリス北部、多少は覚悟していましたが、それにしても残念。




B&Bを9時半過ぎに出発し、湖水地方へ向かいました

40分の道のりの半分以上過ぎたあたりで何やら胸騒ぎが・・・


慌てて確認すると・・・ない、デジカメが・・・

朝食を食べたテーブルに置き忘れてきたようです。。。

あれほど忘れ物ないかB&Bのおじさんに言われたのに・・・。


「っちいのにしてはめずらしいな~。でもよく気づいた。」

と、おとがめなしで引き返してくれたものの、かなりの時間的ロスが~。




それでもなんとか湖水地方到着。
lakedistrict

旅行の前にピーターラビットの作者 Miss Potter のDVDで気分を盛り上げた私たち

でも天気が悪くて美しい景色がみえない・・・


「しょうがないな。また来れるよ。湖水地方だけだったら結構近いし。」

「だよね、日帰りでもこれそうだよね。」

「・・・・・・来れる来れる。」

「紅葉の時期がいいらしいよ。きれいなんだって~。」

「・・・・・・・・・・・・・・・だろうな。」  



気を取り直してアトラクションへ。

lakedistrict


もう、「かわいい~」を連発の

lakedistrict


どこか行くたびぬいぐるみのコレクションが増える、もう結末は見えてます


もちろん、すでにふくろう(アーニック城)とネッシー(ネス湖)はゲット済みです。

lakedistrict


雨にもかかわらず激込みの湖水地方でしたが、ここはそうでもなくスムーズに見れました。


lakedistrict


予想通り、最後のショップではうさぎさんのぬいぐるみをゲットして大満足の

にわかピーターラビットファンの私もクロスステッチキット買いましたよ


「その前に今作ってるクロスステッチ仕上げないとじゃないのか~?」

「あれはもうすぐ終わるの!」



で、次に行ったのは原画が見れるビアトリクス・ポター・ギャラリー。

ここは、ポターのご主人が使っていた事務所だったらしいです。

この近くのショップでもにわかファンは本などを購入し、

ポターが住んでいたというヒル・トップへ

lakedistrict

ここは、ガーデンのオープンが10時で、家が10時半。

にもかかわらず9時半には駐車場がいっぱいになるほど人気で

午前中に入場券が売り切れるんだそう。




そう、売り切れでした


旅行の下調べ中、激込みだから早く行かなくては、という場所があったけど

ここだったのか~。と、下調べに疲れ果てた私は気が抜けていたようです。。。


lakedistrict

仕方なく、外から撮影

「何で入らないの~?入ろうよ~。」

「チケットないとだめなのよ。でもチケット売り切れちゃったの。」

「でも、あの人たち中に入ってくよ、並ぼうよ~。」

「だから、チケットいるけど売り切れなんだって。パパがまた連れてきてくれるって言ってるから、ね。」

「あ、あ~。運転頑張れよ。」 ここまで全部一人で運転してきたひと

「だから~、あたしは足痛くなるからダメだって。」


「っつーか、なんでこんな地味な家が大人気なんだろーね?」



「ママが言うなよ~。行きたかったんだろー。」


え?私かい?私なのかい?


「それよか入れないと否定しにかかるのかよ。」


「いや、ただ素直な感想を・・・。」

家の中は入れなかったけど、にわかファンはショップでキーホールダーを購入。



「さて、帰るか。」

「え!ワーズワースの行ってた学校見てないよ!」

「えっと、それどこだっけ」



パンフレットを確認すると・・・・・・・





「これ、ギャラリー行く時に前を歩いて通った建物だよ。Schoolって書いてあったよ。」

「え?あれ?どうする?」

「もういいでしょ、帰ろう。」

「また来るしね。」

「あ、うん。」


こんな風に、なかなか消化不良気味の湖水地方ではありましたが

がまた連れて行ってくれるらしいです、はい。

このあと渋滞に巻き込まれ、6時間ぐらいかけて家にたどり着いた私たち。

今回の旅行での一番の驚きは、全行程100%が運転してくれたことです。

おつかれさま
スポンサーサイト

スコットランド&湖水地方(2日目)

朝早めに朝食を食べ、ホテルをチェックアウトし、向かったのはネス湖

ホテルから約3時間でネス湖に到着。
scotland



「ネッシーいないねぇ」と話していると なんと



ネッシーがー!!!






scotland








・・・はい、ここはこんなところでした。。。

scotland

ワイト島の恐竜博物館のように怪しいかと思ったのですが、ここはちゃんとしてました。

ここでネス湖の歴史について説明を聞き、ちょっと賢くなった一行は次の目的地へ。






途中、こんな信号に何度かひっかかりました。
scotland


船を渡すための信号です。

scotland

こんな風に、船が来ると橋が90度回転し、船を通します。




ネス湖から走ること1時間半ぐらい、到着したのはここ。

scotland



またしてもハリーポッターの撮影で使われたグレンフィナン鉄橋です。

機関車が通るのを見たかったのですが、そううまいことはいかないようです。

振り返ってみた景色もなかなかです。

scotland

鉄橋を見るポイントまでは足場の悪いところを少しのぼります。

この日は雨上がりでした。  どろどろぐちゃぐちゃです。。。



「転ぶなよ~、汚れたら車に乗せないぞ~」

と言ってるそばから転んでこんなことになってる人が・・・




scotland
乗せましたけどね、もちろん。。。



その後、絶景の中を眺めつつ今夜のお宿へ向って4時間半

scotland



田舎道を通るたびに

「あ~、福島(の実家)みたいだな~」

「ほんとだ~△△村(の実家)みたいだ~」

「あそこなんて、じじ(の父)の軽トラ止まってそうだよな~」

「あ~△△牛(村おこしで育てて売っている牛肉)食いて~」

を、繰り返す3人。 違うから、△△村と違うから・・・。





着いたのはこぢんまりした家族経営のB&Bです。

scotland



お部屋はこんな。
scotland

1部屋です。

前日に泊まったホテルとのギャップが大きくて・・・・。

ソファーも簡易ベッドに変身しているのでくつろげるのはベッドの上だけ・・・。

でも、家族で1部屋に泊まれるだけで満足ですが・・・。なかなかないのでね、大部屋。

ちなみに前日より値段はちょっと上です湖水地方に近いからかしら?





トイレに入ったが何かを手にして出てきて

「なんか注意書きみたいだけど意味分かんないんだよ~。

     泣いちゃうぐらい大変なことになるって書いてあるみたいなんだけど。」

scotland

「どれどれ、なんとかチョップって書いてある・・・。」

「何々?ギロチンチョップ・・・。」


「・・・・・・・・・・・・・・」  一同大爆笑!





トイレの最中にいきなり便座が閉まってギロチンチョップにあうから

男子諸君は座って用を足した方がいいですよって注意書きらしいですわ、どうやら。




B&Bからの眺めです。

scotland
何もありません。 △△村みたい・・・


B&Bのお馬です。

scotland



カントリーサイドでゆっくりし、いよいよ翌日は湖水地方へ




スコットランド&湖水地方(1日目)

月曜日はバンクホリデー、イギリスでは貴重な休日で

3連休だったので、北部へ2泊3日で行ってきました



出発は土曜日の早朝5時


最初に目指したのはハリーポッターの撮影で使われたとかいうゴースランド駅。

goathland

これは途中の駅で見かけた蒸気機関車です。






そしてゴースランド駅に到着。家から約4時間の道のりでした。

goathland



どうでしょう?映画のシーン思い出します?



goathland



ん~。



goathland


思い出すような、出さないような・・・。



goathland







まぁ、とにかく気分転換もできたので、次の目的地アーニック城へ。




こちらもハリーポッターの撮影の地です。さらに2時間半の道のり。





alnwick

外から見てもピンときませんが、城壁内に入ると、






alnwick
ハリーポッターのクィディッチの練習の撮影に使われた中庭です。

ん~、確かにそれっぽい! 






すると思いっきりこんな看板が。。。

alnwick

もちろんお土産屋さんもハリー色濃かったです。。。






城を後にし、次に目指すはエジンバラ。さらに2時間半の道のり。


途中通ったイングランドとスコットランドの境界線にはスコットランド旗が。

boader
慌てて車中から撮ったのでこんな写真に・・・。


無事、エジンバラに到着したものの、この時期エジンバラフェスティバルをしているので

ものすごい人混み。
edinburgh



エジンバラ城へは20分遅れで入れませんでした
edinburgh

フェスティバルの間、エジンバラ城でミリタリータトゥーをやっていて

それが素晴らしいらしいので旅行に来る前にチェックしていたのですが、

子連れだし夜遅いのはどうかな~、チケット高いな~

と迷っているうちにチケットは売り切れました

でも、時間的にぎりぎり精一杯の旅だったのでよかったのかもしれません。

edinburgh

人ごみにうんざりした一行はさらに北上し、今夜の宿へ向かいました。







宿に着いたころはもう7時を過ぎていました。

hotel

今回滞在したこのホテル、とても安いのにすんごくよかったです。

私たちはファミリールームを1部屋予約したのですが、

部屋にはこんなに広いリビングと
hotel



メインベッドルームと
hotel



もう一つのベッドルームが。
hotel


これにフル・イングリッシュ・ブレックファーストがついて一人5千円ぐらい


夕食を食べに外に出るのがおっくうだった私たちはホテル内のレストランで夕食を

メニューはその辺のパブと同じ感じですが、

日本では当たり前ですが野菜のゆで加減やお肉の焼き加減、塩加減がよくておいしかったです

日本では当たり前ですがスタッフも皆親切だし。


我が家のような子だくさんや、おじいちゃんおばあちゃんと一緒の旅行などで

利用するにはいい感じのホテルです。 


というわけで、旅行2日目へとつづく・・・。

High School Musical

旅行から帰ってきて早々の翌日、今年もミュージカルを観にいってきました。


チケットが安くなるKids weekと私たちのスケジュールがなかなか合わなくて、

取れたのが High School Musical

high school musical

アメリカで大ヒットした映画らしいですが、イギリスでも大人気です、ちびっこたちに。


というわけで、シアターに向かう道は、チアリーダーの服を着たり

ポンポンを持って”なりきった子たち”でいっぱい


このHigh School Musical、我が家のちびっこたちはテレビで見たことがあるらしいのですが

は一度も見たことがなくて、

「ビデオぐらい見てから行こうね」と言っていたのに結局時間がなく。。。



そんなわけなので、ミュージカル中も

「え?今なんて言ったの?なんであーなったの?」

と聞いてはにうっとおしがられ、



登場人物の名前すらよく聞き取れず、

「あのジョーイみたいな名前の子とシャンパンみたいな名前の子がさー」

と言えば、


「ちがう!!トロイとシャーペイだから!!」


と言われ、突っ込まれどころ満載でしたわ。。。



ちびっこたちでいっぱいの客席は、歌やダンスが始まるとノリノリだけど、

静かなセリフのシーンになると騒ぎ出したり泣き出したりトイレに立ったり。。。

なかなか味わえない雰囲気の新タイプミュージカルって感じ?


帰りは最寄りの駅に入っていたディズニーストアでしっかりDVDを買って見ました。

順番逆だっちゅーの・・・。


店員さんいわく「このミュージカル終わった後は店すっごい混むのよー」

でしょうね。。。


でも、DVDのおかげでやっと「あ~」とストーリーがのみこめましたわ

バルセロナ(帰国編)

意外と涼しくてプールや海からあがると小寒いぐらいのバルセロナでしたが、

それでも真っ黒になるほど遊んだ私たち。

barcelona

楽しかった1週間が過ぎ、帰る日がやってきました。


飛行機は夕方6時の便で時間に余裕があったので

電車で空港に向かうことにしました


12時にアパルトメントをチェックアウトし、海を見ながらおにぎりを食べ

スーツケースを押しながら駅まで歩きます。


駅からは途中で1回乗り換えをし30分ぐらいで空港へ到着するはずでした



電車は観光に行く時にも乗ったので

何の不安もなく、やってきた電車に飛び乗った私たち。




・・・・・・・。



な~んか前に乗ったのと様子が違う。。。


指定席っぽい???


不安にかられ、入口付近に立ちつくす私たち。。。



「げっ!次の停車駅サンツ(終点)だって!!」


はい、特急か何かだったもよう。 乗り換えできないじゃん。。。


すると、車内で、前に乗った時は出会わなかった切符確認の車掌さんが・・・





いかにも怪しげな私たちに


車掌さん「‘+*|?>&%」


スペイン語だかカタルーニャ語だかもさっぱりわからず笑ってごまかす。。。







結局、超過料金を取られることもなく、切符を確認しただけで去って行きました



「終点まで行って、そこから空港行きに乗ればいいっしょ」


「でも、また金払わなくちゃかも。一度改札出なくちゃいけない気がする。」


「えー、そんなことないと思うけどなー。」


などとしゃべりつつ電車は終点サンツ駅へ到着


スーツケースをゴロゴロ押してエレベーターで上にあがると・・・。



「やっぱり一度改札出なくちゃダメみたいだ。」





ガーン 





すると、改札付近に見覚えのあるおじさんが、


そう、なんとさっきの車掌さんが私たちを待っていてくれたようで、




「エアポート?エアポート行きたいんだろ?こっちおいで」と助け船を。
  


掲示板と自分の腕時計を指さしながら

「次のエアポート行きは○○時○○分、○○番ホームだからね。」

と丁寧に教えてくれ、

本来なら別料金を払わなくてはいけない改札を

「さぁ、行って行って」

とそのまま通してくれました。 


ありがたや、ありがたや~



治安が悪いとさんざん脅されてやってきたバルセロナでしたが、

別の時も、時刻表を見ながら「あ~でもない、こ~でもない」言ってる私たちに

スペイン語だかカタルーニャ語だかで必死に教えてくれようとする

おばさんがいたり、優しさに触れた今回の旅でした

バルセロナ(観光編)

以前、両親が遊びに来た時にロンドンで乗った

乗り降り自由の2階建て観光バスが楽ちんでよかったので

今回、バルセロナでも丸1日利用しました。

イヤホンで日本語の説明も聞けます。



まずは、カタルーニャ美術館前でバスを降りて市内を一望。
barcelona

遠く~にサグラダ・ファミリアが見えます



その後、バスはガウディの建物が並ぶ大通りへ

barcelona

木が邪魔で見えにくいですがカサ・バトリョです。

barcelona



続いて、カサ・ミラ。
barcelona

ガイドブックでよく見る建物ですね。っていうか、ここからはガイドブックかって感じで写真オンパレードです



その後、いよいよサグラダ・ファミリアへ

barcelona

もちろん、ここはバスを降りてゆっくり見ました。



入口に”10歳以下無料”と書いてあったので「うしし」と思い

「大人二人と6才、9才、10才です」

と受付で言うと、すかさず




「え?6才と10才、11才だよ!」










こういうごまかしはが非常に嫌がるのでしたことなかったですからね。。。

本当に間違えたと思ったのでしょうさるきちさん。。。




受付のお姉さんに「え?何才なの?」と聞き返され


「何で余計なこと言うのっ


と怒っていたらお姉さんにぷぷっと笑われましたわ


えぇ、もちろんちゃんと払いましたよ。

ごまかしはよくないですからね、ごまかしは。





気を取り直して、サグラダ・ファミリアを





意外と小さい?と思ったけど、近くで見るとやっぱり大きくて

写真に撮るのが難しかったです 

barcelona
内部への出入り口がある受難の門です。




そして反対側の生誕の門。
barcelona


日本人彫刻家が掘ったという天使たちの像です
barcelona




さてさて、壮大なサグラダ・ファミリアを後にし、

またバスに乗り込み最後の目的地グエル公園へ


サグラダ・ファミリアが思ったよりすいていたのに、

もう、この公園の混雑と言ったら







こ~んな。。。
barcelona

写真なんか撮れない・・・。



でも、予想以上に公園が広かったのには驚き。正面の派手なとこだけかと思ってたよ・・・。
barcelona



ここらで、ちびっこたちが

「疲れた~」だの「暑い~」だの「ホテル帰ってプール入りたい~」だの

ピーピー騒ぎ出したのでガウディめぐりは終了。

barcelona

バスと電車を乗り継いでアパルトメントに帰りました。


バルセロナ(ホテル周辺&ビーチ編)

今回も泊まったのはキッチン付きのアパルトメント。


アパルトメントのプールはこんな感じです。
barcelona




そして50mほど行くとビーチが。
barcelona




もう、去年のマヨルカと何が違うかって言ったらの水着が新しくなったことぐらい・・・。
barcelona




そして、地元の子たちがやっていたボードを買って練習にいそしむ
barcelona

まず、浅いところでボードだけをを水面上に滑らせ、

ひょいっと飛び乗って、さらにスイーッと滑って遊ぶもののようです。難しいです。ハイ。


だいぶ上手になった二人ではありますが

地元の上手な子たちがやってきてあまりにもかっこよくスイーッと滑り出すと

へこんで練習をやめてしまうへなちょこな二人。。。






では、気を取り直して釣りでも。

岩場に釣り糸をたらして・・・

barcelona

餌はベーコンです。

小さい魚やエビがベーコンをつっつくのが見えるので飽きません。





収穫は








barcelona
なんと、細長い魚たちは網ですくったり、私のスカーフで掴み取りです。





名人はたくさんのハゼを釣り上げました。
barcelona


獲物たちはアパルトメントでから揚げにしていただきました。
たいへんおいしゅうございました






ビーチ沿いにタパスやレストランがズラーッと並んでいて夜遅くまで賑わっているので

夕御飯は近くのタパスで

barcelona

値段も安いし、シーフードが小皿でいろいろ食べられて大満足です。


もちろん仕上げはパエリヤ。
barcelona
薄暗い外での撮影だったのでブレてますね・・・


写真を撮り忘れてしまったけどイカ墨のパエリヤも食べました。

見た目はちょっと・・・だけどコクがあってとても美味しかったです




食後はアイスを食べながら
barcelona


夜のビーチを散歩してアパルトメントへ
barcelona


う~ん、のんびりビーチリゾートはやっぱりいいね~





でも、やっぱりバルセロナに来たらアレを見ないとね、アレを。


ってことで

次回の観光編へとつづく・・・。

バルセロナ(出発編)

バルセロナから無事帰ってきました~


それでは旅の様子を。


今回はガトウィック空港発着ブリティッシュ・エアウェイズのバルセロナ行き

空港近くのロングステイの駐車場に車を止めて準備万端でいざ出発。


ただ、ひとつ心残りはの帽子を買いたかったのに気に行ったのが見つからず

買えなかったこと。バルセロナで買えるかな~。日差し強そうだからね~
これがあとであんなことになるなんて・・・。



ガトウィック空港もあんまり利用したことがない私たち、

バルセロナ空港はまったく初めての空港です。


旅行の下調べをしたり、ホテルや飛行機を予約するのは私ですが、

実際、旅行に出かけてしまうと旅慣れない私は、

だいたいボーッとについて歩くだけです
いや、おっととのせいにしてるわけではないですよ、けっして。  何をって?  これをです



無事まったく初めてのバルセロナ空港に降りたった私たち、

出口に向かう途中のお店でかわいい帽子を発見!


「帽子売ってるぞ~。」

「かわいいね、買っとこうか~。」

こんなことをしているうちに同じ飛行機に乗り合わせていた乗客たちとはぐれた私たち




帽子を買い終わって出口へ・・・

「出口そっちなの?」

「知らん。こっちだろ。」


深く考えずにAの出口から出て荷物受取場へ。


「・・・ない。・・・BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)の表示がない。」


いくら探しても自分たちの荷物が流れてくるレーンが見つからない私たち。。。



「どうやらBの出口だったみたいだな。。。誰もそんなこと言ってなかったじゃんよ~。」


もう出口を出てしまったので逆戻りはできない。。。荷物はない。。。


焦ってうろうろしつつ空港職員に助けを求める私たち・・・

結局、「もう一度コントロールなんちゃらを通ってBから出なさい。」というようなことを言われ、

飛行機にも乗らないのにセキュリティーコントロールを通り、

(液体は持ち込めないので)ただなし飲み物を取り上げられ、

ようやくBの出口から出られました

えぇ、床にBAは出口Bと書いてありましたわ・・・。



そこには、ポツンと私たちの2つのスーツケースと、

きっと同じように出口を間違えて荷物を取り損ねたであろう乗客の

数少ないスーツケースがさみしく回っているレーンが。。。



この一件で、少々気力体力とも消耗した私たちは電車の予定を変更して

タクシーで空港を後に・・・。

もちろん

「5人?だめだめ 2台だね」

と言われましたわ



教訓

バルセロナ空港では出口に気をつけよう。

お休み

も夏休みに入っております。


ということで、今日から1週間ほどスペインのバルセロナへ行ってきます



皆さんもよい夏休みをお過ごしください  


では 



もどき

昨日に引き続き、パンを焼きました

ちびっこたちは、お総菜パンよりも菓子パンのほうが食い付きが良いので

今回は菓子パンにしました。

bread

説明がないと何パンだかわからない・・・・


いちおう、メロンパンです。


私のメロンパンはいつも模様が消えちゃうのよね・・・二次発酵しすぎなのかな?


でも、味はメロンパンです


bread



家にグラニュー糖がなかったのでまぶさなかったのですが、

「砂糖がかかってないね。」

と突っ込みが入りました。 でも細かいことは気にしないたちなので。。。


いつも20個ちかく作ってもあっという間になくなるので今日は25個作りました。







食べたくても売ってないものは”もどき”を作るこの頃ですが、

最近とても魚食べたい病発症中です。イギリスで売ってない魚を。

あじの干物食べた~い。ほっけでもいいな~。

キスの塩焼きとか天ぷらも食べた~い。さんまも食べてないな~。

あ~でも、こればっかりはどうやっても作れない。。。

ハムロール

ここ数日パッとしないお天気が続いてマス


もう一息でが夏休みに入るので、私たちは無難におとなし~く過ごしています。

ちびっこたちの夏休みは早くももう半分終わったけどね。



そんなわけで、今日はソーセージロールとハムコーンロールを焼きました

bread

あまりにもいい加減な成形だったのでソーセージロールはちょっと無残な姿に

ま、おいしいけど・・・。



庭ではあの時のミニトマトがやっと実をつけました
tomato


これでのトマト嫌いが克服できればいいんだけど。。。

早く赤くなれ~赤くなれ~



プロフィール

っちいの

Author:っちいの
☆おっとと
☆っちいの
☆くまごろう(12)
☆さるきち(10)
☆にゃんころ(7)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
いらっしゃいませ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ banner fc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。