スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイ・フォークス デー

11月5日はガイ・フォークス デーです。



どんな日かって言うと


むか~しむかしガイ・フォークスという人が


国会議事堂を爆破して国王を暗殺しようと企てました。


しかし、陰謀は暴かれガイ・フォークスは処刑されました。



だから毎年この時期になるとガイ・フォークス人形を燃やし


花火をあげて祝うのです。





夏の夜は10時ごろまで明るくて花火をあげられないこの国では



花火=夏の風物詩ではなく


花火=ガイ・フォークス デー(秋だなぁ)という感じなのです。





各家庭でも花火をあげたりするのですが、


もちろん、あちこちの広い公園などでもイベントがあります。





でも、日本のようにスポンサーが費用を出すわけではないので、


花火はただでは見れません。チケットを買わないとです



毎年にゃんころの学校でも花火をあげてイベントをします。


もちろん希望者はチケットを買います。しかも安くない


去年は都合があわなくて参加しなかったけど、

今年はチケット買いました。



そんでもってガイ・フォークスの品評会(?)をするので


できれば人形を作ってきてね、とのこと。






ボランティアで役員をしているお母さんがチケットを売りながら、


3時間かけて作ったという1.5メートルぐらいの


おどろおどろしい人形を見せて歩いてました





それを見たにゃんころは

「作りた~い」と意欲満々。




仕方なくおっととと二人で作ったガイです。

guy



愛嬌のある顔にしてしまったためか、



にゃんころはこのガイをいたく気に入ってしまい、



「燃やすのはかわいそうだから絶対に学校には持って行かない」



と申しております。




しかも



「GじゃつまんないからGAPって書いてよ~」


って、それはちょっと違うんじゃ~ないかな・・・。


確かにそんなロゴ入りシャツの人、街中にいっぱいいるけどね・・・。


スポンサーサイト

サマータイム終了

日曜の夜1時でサマータイムが終了してしまいました


日本との時差が8時間だったのが9時間になります。



サマータイムってどんなん?なんか意味あるの?

と引っ越してきた当初は理解できなかったし、

時計を合わせるのがややこしかった。



1時間進めるのか遅らせるのか

いつも日曜に変わるので、大きな予定でも

入ってない限り間違えても大丈夫なんだけど。




たぶん、季節によって日照時間が大きく違うので


暗~い寒~い冬の間はじ~っと耐え、

暖かくて明るい春夏は時計を1時間早めて

長い1日を楽しもうということで

サマータイムがあるのでしょうね。






サマータイムの間は、

私が起きる6時半ごろは眩しくて寝ていられないほどで、

夜の10時ぐらいまで明るいです。

とってもいい季節です




ちびっこたちは9時ごろに寝るようにしているのですが、

「明るくて眠れないよー」と文句たらたらです。







で、サマータイムが終了して通常時間に戻り、

楽しいクリスマスが近づくにつれ日も短くなると、




ちびっこたちは暗いうちに登校し、

学校から家路につく頃は

もうすでに真っ暗なんです

気が滅入らないわけがない。。。



あ~、そんな季節がまたやってきた~。




算数

日本人は算数が得意とよく言われる。

それとも日本人が勝手にそう思ってるだけ?



こちらの学校の算数の先生ですら日本人はどんな問題も解ける

と思っているふしがあるような・・・。




でも、日本人が算数得意なのではなく、こちらの人が計算苦手

なんだと思う。いや、思っていた。





510円の物を買うときに、小銭が増えるのを避けようと

1010円出すのは日本人なら普通のこと。



でも、こちらのお店で同じことをすると、

な顔をされ、


「お金多いわよ。」

とご丁寧に端数分返してくれる。

で、そのあとおつりをジャラジャラくれる。





あるいは、

「なんでこんな払い方するの?

       あなたは私を混乱させたわ

とか言われたりする。


だって小銭たまるやんかー






算数の授業のとき普通に計算機なんか使うから

こんな計算もできない大人になるのよーと思っていたけど、

どうやら計算の仕方が違うらしいということに気づいた

算数は万国共通だという考えが間違いらしい・・・






どう違うかと言うと、


例えばバスに乗るときに

バス代250円を払おうと1000円札を出したとする。

私は1000-250=750で750円のおつりが返ってくると

瞬時に計算するが、



こっちのバスのおっちゃんは

「おつりねー」

と言いながら50円玉をよこして

「300」と言い、

100円玉を1つ、2つとよこしながら

「400、500」と言い、

最後に500円玉をよこして

「はい1000ね」と言う。




おっちゃんはそのやり方に慣れているので

ちゃちゃちゃっと早業で次々おつりを手渡すが、

不慣れな私は、え?なに?なに?いくら?

ってな感じで事態がのみこめず、

最後に手にある合計金額を見て750円あるか確かめなくてはならない。

おつりごまかそうとしてるのかと思ったよー






するとおっちゃんは、笑みを浮かべ

まるで私が計算ができないアホたれ

であるかのような顔をする

仕方ない、アホたれのふりしたるよ。。。




そんなやり方なので250円支払うのに1050円なんか

差し出したもんなら宇宙人を見たかのような

顔をされるのだ未知との遭遇~




昔の物々交換の頃の1000円の物を受け取ったら

1000円相当の物を返すというなごりでこんな計算の仕方をする

とか聞いたことがあるけど、


さすが古い物が好きな国民。


いまだに計算方法まで旧式とは・・・。

Happy Birthday にゃんころ

10月23日はにゃんころの誕生日です。6歳になりました
tanjoubi


にゃんころはくまごろうと同じくビーフ&いちごショート派なのでメニューは2ヶ月前と似たような感じです。


(ケーキのデコレーションはさるきち&にゃんころ作です。)



チキン&チョコレートケーキ派のさるきちは

       メニューに不満でブーイング。





「何でまたビーフなんだよー!!
  
  俺、絶対食わねーからな!!」




と言ってたわりにはもりもり食べてましたけどね




プレゼントは、特に欲しい物がないから内緒でサプライズで

もらいたいと言うにゃんころに、おっととが

こんなんを選びました。



tanjoubi


お絵かきキットです。



喜んだのは、にゃんころだけでなかったようで


三人で楽しく使っております。



バナナ

母子4人で再び大都会へ行ってきました。別件で。。。




別件とは、にゃんころの新しいパスポートの受け取りです。

申請は代理人でもOKなのですが、受け取りは例え赤ちゃんでも

本人でなければならない。日本でもそうですね。

面倒くさっ。意味あるのかな?




大使館は平日しかやってないし。仕方ないけど。







ぞろぞろ大人数で行ったので、受付のお姉さんに



「お受け取りはお一人分ですか?」



と聞かれた。お一人分です。ぞろぞろすいません





無事パスポートをリニューアルできたので意地悪で




「さっ、帰ろうか~?」と言う母




「えー!!ここまで来たのに



もう帰るのー?



なんかおいしいもの食べようよー」





ははは、やっぱりブーイングの嵐。





何でもいいと言うので



「じゃあサンドイッチ?」とまたまた意地悪母




「えー!!



せっかくここまで来たんだから

       

日本食とかがいいー!!」




最初っから素直にそう言いなよね~。わかってたけど~





大都会まで来ればたくさん日本食のお店はあるんだけれど、

値段の割りにいまいちのお味だったり、味はいいのにサービスが

ヨーロッパ的(?)で二度と行きたくない雰囲気だったり。。。







たまには過剰すぎ?と思えるほどの

      日本的サービスを味わいたいのよ・・・。






どうでもいい話だけど、日本人なのにヨーロッパ人化(?)

してしまった人のことをバナナと言うらしい。



見た目は黄色いのに中身は白いっていうことで。


サービス業の人がバナナになってはね~。





ってなわけで二日前と同じお店へ。

まぁ、お店の人もいちいち覚えていないとは思うけど、

っつーかそう願いたいけど何度もにゃんころが大声で




「昨日あそこに座ったねー」とか





「これ昨日と違うねー」とか・・・。





「恥ずかしいから昨日昨日って言わないで。。。」 昨日じゃないし。





すかさずさるきちがフォロー



「昨日じゃないよおとといだよ!」



って、だから~。それも言うな





そんな私たちの隣の席に年配の日本人ご夫婦がやってきた。

ちょうど私の両親ぐらいの年代のよう。



ご主人の

「日本米かな~?違うだろうな~?
  
    ん、うまい、久しぶりだな~。うまいな~。」




という素直な感想に思わず顔がほころんでしまったよ






ちょっと話しかけられ、楽しくお話していると、

12日間ヨーロッパ周遊のツアーで来ているらしい。

日本食が恋しくなったとかで、このお店に入ったと言う。






初対面のお二人だけど、孫を見るかのような温かい

眼差しでちびっこたちにいろいろ話しかけてくれて

とても心温まるひとときでした。





こちらに住んでても日本人と接する機会はたくさんあるけれど、

だいたいが私たちと同じぐらいの子育て真っ盛り世代か

学生さんなので

ちょっと年配の日本人の方とお話したのは久しぶり。

ちびっこたちも日本のじじばばを思い出したようです。





たまにはいいな~こんなんも




ご夫妻が帰られた後、私たちもそろそろと、





お店を出る前にお手洗いへ行って来たにゃんころが






「ママー、う○こしたのにちゃんと
      



 拭けなかったー」







と店じゅうに響きわたる声で。。。





思わずにゃんころの口を押さえた私であったが





皆さんご飯食べてるのに。。。

ここだと日本語わかっちゃうのよ。。。




っていうか、しつけの問題ですね、すみません





どうやら我が家にもバナナが育っているようです。

日本語だったら何言っても平気だと思ってる・・・



いかんいかん

バナナとはちょっと意味違うか・・・。









ハーフターム

長ーい夏休み、冬休み、春休みのほかに学期の真ん中に

ハーフタームという中休みがそれぞれ一週間ずつあります。


昨日からそのハーフタームが始まっております

まぁ、朝そんなに早起きしなくていいし、バタバタしないから楽っちゃ~楽なんだけど・・・



その初日、晴れたけどキンキンに寒い土曜日は

くまごろうとさるきちがテストを受けるために
      
             家族で大都会へお出かけ




london


途中でお茶した公園で見かけたりすです。


リスやらハリネズミやらウサギやらの小動物は

そこいらの公園や我が家の庭にしょっちゅう出没します。

ほんでもって道端では車にひかれてべちゃっと#&$%*・・・


london

その後お馬でお散歩する私たち。なんちって・・・








こちらは初めて寄った中華街です

london


どこにでも街を造ってしまう中国人ってすごいよね~と
                        ただただ感心。



なかには中国人経営の日本食レストランもちらほらあるんだけど、

わざわざこんな大都会まで来てそんな怪しげな(?)店で日本食を

食べるはずもなく、ちょっと値がはってもちゃんとした(?)お店で


食べましたごちそうさま~



それにしても街中も地下鉄もすごい人ごみでへろへろ~。



やっぱり大都会は苦手な我が一家です。

別件で2~3日後にまた来なくてはいけないのだけどね・・・
               しかも母子4人でね・・・



宴会

昨日は私のお友達のCamille一家が遊びに来てくれました


一家はフランス人で、うちと同じようにご主人の仕事でこちらに住んでます。


子供はもうすぐ7歳になる女の子と5歳の男の子。



Camilleは去年カレッジ知り合ったクラスメイトでした。


彼女はとても面白いので、授業中はずっと楽しく笑ってばかりいた私たちです。


今年はお互いのスケジュールが合わなくてクラスメイトになれなかったので残念。


メールのやりとりぐらいでなかなか会えなくなってしまったので、一緒にランチでもということに




メニューはから揚げ、海苔巻き、生春巻き、ロールキャベツ、ポテトサラダ、ロールケーキなどなどです。

camille


美しいテーブルセッティングなどできないので
               ただ並べただけです




どれも喜んで食べてくれたのでよかった~。


意外と子供たちも食べてくれたし、っつーか夫妻が無理やり食べさせてた・・・。


「せっかく色んなもの食べられるいい機会なんだから食べてみなさい」とか


「おいしいから一口だけでも食べてみなさい」

とか言って。





でも、私もその意見には賛成


この国の人は見たことないものは食べれないという人が多いし、


誕生会なんかだと食べ物を投げたり粗末にする子が多くて、


それを大人たちもあまり注意しないのに驚きだし、


見ていられないありえないって感じなんだけど、


フランス人は食べ物に関する考え方がちょっと違うわ~


と、関心。




少し心配だったのはCamilleの子供たちはヨーロピアンスクールに通っているので英語が話せないこと・・・。



でも、まぁなんとかちびっ子同士楽しく遊べたようです。



camille


きれいな花とワインをありがとうCamille。




仮装大会

ちびっこたちの学校は普段は制服なのだけど、


たまに普段着で登校しましょうという日がある





他にもドレスアップデーというのがあって、


テーマに沿った仮装(?)をしていく日が年に数回ある。




テーマはいろいろあって、



「本に出てくるキャラクター」とか



「動物」とか



「海賊」とか、まだかわいらしい。





でも、上の学年になるとお題もややこしくなり、


「チェダー朝のドレス」とか「ヴィクトリア朝のドレス」


などというのもあるらしい。む、難しい




日本で言ったら「江戸時代」と「明治時代」のようなものかな?






テーマが「好きなキャラクター」の時は


女の子はたいていシンデレラやプリンセス系のドレスで


男の子はヒーロー系が多い。




だいたいはお店で既製品を見つけて買います。
たった1度のために買うのもなんだけど・・・


手作りする親なんていないから・・・。




こちらに来たばかりのころはドレスアップデーがどんなものか


よくわからず、テーマが「本に出てくるキャラクター」だったので



ちょうど家に日本語版も英語版もあった「にじいろのさかな」



魚を手作りして、さるにちに着せたことがあった。



いや、かぶせたことがあった。





どんな物かというと、私が前日に一生懸命




黒いゴミ袋にうろこのような折り紙をいっぱい貼った作品




そのころのさるきちは人と違うことなど全く気にせず



喜んでゴミ袋をかぶって行ったが、気にする子だったら



半泣きになるような格好だった・・・。



とても目立ってたし




そんなさるきちも最近は、着替えのある日は履いていくパンツに


気を使うようなお年頃になってきたようだが。






んでもって今日はにゃんころの学校のドレスアップデー



テーマは「動物」



にゃんころはくまごろうやさるきちと違って



細か~いことを気にするし、



かわいいかどうかも重要ポイントになるので難しい。




一緒に衣装を探して店をまわったが見つからず、



でも、なんとかこんな格好で登校しました。





cat



かわいいというよりは・・・


微妙にいやらしさをかもし出してる気がするような・・・。




とうもろこし

たぶん今年はこれで最後になるであろうPYO(味覚狩り)はとうもろこし。

corn






え?こんな時期に?


そうなんです。こんな時期なんです。


今年は冷夏のためスイートコーンの時期が遅れたようです。



corn



一人5本まで獲ってよいと決め、
(決めないと大変なことになるので


corn





太くて大きいのを選ぶのよ~




corn



上まで実が入ってそうなの選ぶのよ~


と言い聞かせた甲斐あって(?)


こんなに収穫しました。





corn




獲れたてのとうもろこしはおいしかったけど、


こたつに入って食べるとうもろこしより


暑いね~などと言いながらお盆に実家で食べる


ばぁちゃんの作った


とうもろこしが懐かしかったりして・・・。


corn



しばらく我が家のおやつはとうもろこしが続くことでしょう


Do you have a milk man?

英語圏に住んで早1年8ヶ月。






だいぶ耳も慣れて英語が分かるようになってきたかな~。



な~んて思うのは大きな勘違いというか思い上がりで、



未だに全く通じないこともしばしば・・・。ちょっとへこみます。





自分の分かる範囲の内容や想定していた事柄なら例え苦手な電話でも何とか理解できるのだけど、いきなり予想外の話をされると????





例えば、今日の夕方忙しい時間に





ピンポーン!




くまごろうたちの友達が遊びに来ていたので、お迎えかな~?


それにしては早いな~と思ってドアを開けると、


見知らぬ男女が・・・。




どうやら新入社員研修のようなものらしく、


女性が男性社員に営業の仕方を教えながら何かをプレゼンテーションしたいらしい。


男性が何かを一生懸命言ってる横から女性が訂正して言い直させている。

ただでさえ理解できないのに何ともややこしいな~





とりあえず


「私たちは電力系の会社から来ました。

   
   お宅は電気ですかガスですか?」


と言ってるが、何が?キッチンコンロか?何がだ?


ここでは多分、オール電化なんてないと思うし・・・。




「・・・・・・・」



「どこの電気会社をお使いですか?」


っつーか、日本なら普通、東○電力とか関○電力とか住むところによって決まってるけど、この国はそうじゃないのか???



「・・・・・・・・」



「なんちゃらの準備はできてますか?」



「え?何ですと?」


「お宅はなんちゃらの準備はできてますか?」



聞き取れない~


冬支度の話なのかそれともエネルギー問題に関する備えの話なのか、


話の内容もスケールもはっきりしないので


さ~っぱりついていけない・・・。



「あの、英語分からないんです私」



「他に誰もいないの?」


「子供たちだけです。」  子供たちのほうが話し通じるけどね・・・




あきらめて帰った二人組。。。










こちらに来て間もないころにも同じようなことがあった。


夕方


ピンポーン!



「Do you have a milk man?」




「は?」





「I mean, do you have a milk man?」




ミルクマン持ってますか?って何じゃそりゃ?




「・・・持ってません。」




「じゃあ私と契約しませんか?

         毎朝7時には牛乳お届けしますよ。」


はは~ん、日本で言うヤクル○レディみたいなもんか~

ミルクマンって言うのね~。勉強になったわ~



「No,thank you.」








あれから全然成長していないのかも、私の英語力・・・悲しい



ひまわり

日本も残暑から急に寒くなって今年は秋がなかったと聞きましたが、


(別に張り合う気はありませんが)こちらも負けず劣らず



15℃を下回るような寒さです





何も予定のない日はこたつでまった~りとするのが最高に幸せな季節です。

予定はなくとも山のような宿題があるのだが・・・(泣)






こちらの家にはたいていこ~んな暖炉がついているのですが、

fireplace




やっぱりこたつのほうが落ち着く~。


日本からこたつ持ってきてよかった~







ちょっぴりヨーロピアン化してきたのか我が家のちびっこたちは


寒い中、家では半そで半ズボンで過ごしておりますが、


そんな格好でこたつに入るなら厚着しろっちゅー感じです、まったく。






とても前置きが長くなってしまいましたが、



何を言いたかったかというと、



寒空の中、やっと







ひまわりが咲きました



garden



こんな季節に咲いてしまったからか、


咲く前ににゃんころが鉢を倒してしまったからか、


まったく太陽を追いかけない変わりひまわりです




じーっと一日中同じ方向を見てます。




でも、何はともあれ今年のうちに咲いてよかったわ。






一方、おばけパンプキンはというと、


たくさん花をつけたものの、


着実になめくじたちに食い荒らされてます


プロフィール

っちいの

Author:っちいの
☆おっとと
☆っちいの
☆くまごろう(12)
☆さるきち(10)
☆にゃんころ(7)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
いらっしゃいませ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ banner fc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。